東京女子大学 英文専攻 ウェブサイト学生編集部

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本ルイスキャロル協会 講演会に潜入!

<<   作成日時 : 2015/11/01 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月31日、世の中がHalloween一色の中、「日本ルイスキャロル協会第21回大会」というものに潜入してきました!
今年はアリスが誕生して150周年記念の年らしく、講演内容もアリスがメインだったり置いてある資料がアリスの雑貨屋さんやイベントに関するものだったりと、講演会らしい厳粛な雰囲気にプラスして、アリスが可愛らしく花を添えていました^^

画像


      ↑お店やイベント情報のお知らせもかわいい!

今回は、本学の英語文学文化専攻の教授である原田範行先生が講演をされるということだったので、それだけ聴講しに伺いました。
テーマは「ガリヴァーとアリス―言葉、諷刺、冒険の行方」。
2つの物語の比較や相違点をご指摘され、授業で取り扱ったことについても触れられていたので、少ない知識しかないながらも、楽しく聴かせていただきました!

画像


特におもしろいと感じた点は、ガリヴァ―もアリスも言葉が嫌いだったのではないかという点です。
私はどちらの作品も、さっとしか読んだことがないのですが、アリスに関しては、アリス自身の言い間違えや意味の取り違えが多すぎて読みにくい文章だと感じただけでしたし、ガリヴァ―に関しては、小人の国から馬の国に行くまでに言葉がどんどん簡潔になっていくことに注目すらしたことがありませんでした。
この2人の主人公が共通している点から、作者の主張が見えることに、講演会を通して気付くことができ、文学研究の面白さを改めて知ることができました。
他にも興味深いことがあったのですが、ブログでは書ききれないので、ここまでにしておきます。

ちなみにこの日、原田先生は午前中は別の講演会に出演されていたようで、教授の休日は忙しいんだなぁと思いました(;・∀・)お疲れ様です…!

色々な学会が色々な講演会を行っているので、英文学を学んでいる学生は何かしらの講演会に聴きに行くことをおススメします(^O^)/文学研究に対する大きなヒントが得られるかもしれませんよ〜( *´艸`)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本ルイスキャロル協会 講演会に潜入! 東京女子大学 英文専攻 ウェブサイト学生編集部/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる